ナノナイン.com 大宮駅前店 3月中旬オープン予定 《現在準備中》

ガジェット情報

大人も子供もスマホ依存症にはご注意ください。

みなさんこんにちは!
コーティング専門店のナノナイン.comマルイ大宮店です!

動画視聴やゲーム、知り合いとのコミュニケーションなど、何かと利便性が高く便利なスマホですが、時間や場所を気にせず没頭し寝不足になったり、やるべき事がおろそかになってしまった経験が誰しも一度はあるのではないでしょうか。

こういったスマホを使いすぎてしまう状態を一般的にスマホ依存症と呼ぶそうです。

そこで今回はスマホ依存症がどういった行動なのかと、スマホを使いすぎてしまわないための具体的な対処法や解決策をいくつかご紹介します。

1.依存行動

・【食事中や風呂やトイレにもスマホを持ち込んでしまう】
スマホはどこでも片手で操作できるため、いかなる場所でも常にスマホが近くにないと落ち着かなくなり、不安に感じるようになります。

・【寝る直前もスマホが手放せない】
寝る前にスマホを触ってしまい、そのまま遅くまでゲームをプレイしたりSNSを閲覧してしまうと、生活のリズムが乱れる原因になります。

また、やっと寝ついたとしてもブルーライトは睡眠を浅くするために慢性的な睡眠不足に陥りやすくなります。

・【LINEなどの通知を頻繁にチェックしてしまう】
多くのコミュニケーションアプリやSNSアプリからリアルタイムで通知が届くため、その都度気が散ってしまい、仕事や勉強に集中出来なくなる恐れがあります。

・【歩いている時も常にスマホを手に持つ】
当然ですが、歩きスマホ中は画面に集中し周りの注意が散漫になり、事故の原因にもなりうるため非常に危険です。

2.解決策

・【1日の利用状況をチェックする】
スマホの設定などで、アプリ毎に起動回数や使用時間を確認することが出来ますので、まずはアプリをどの時間帯にどれだけ利用しているかを把握することが大事です。

・【寝室にスマホを持ち込まない】
横になった時にスマホが手の届く所にあるとどうしても気になってしまうので、寝る前にスマホを別室に置いておくのも有効です。

・【仕事や勉強中はSNSなどのアプリの通知を切る】
仕事や勉強前に必要のない通知を予め切っておくと、余計な情報が入ってくる事が無いのでおすすめです。

・【アプリやアカウントを削除する】
少し強引な策ですが、どうしてもやめられないアプリやSNSのアカウントを思い切って削除してしまう方法もあります。

以上、スマホ依存症の症状と具体的な対処法や解決策のご紹介でした!
スマホ依存症は、病院で治療することも可能なので、もし自分で治す事ができそうにない場合は躊躇わずに医師に相談してみて下さい。

ナノナイン.comでコーティングをご予約される際は、下記のLINEからでも受付中です😉✨
LINE公式アカウント

コーティング料金表こちらへ

当店によくお問合せいただく地域
上尾市、伊奈町、桶川市、川口市、北本市、鴻巣市、さいたま市、戸田市、蕨市

関連記事