logo_1

nanonine のスマホコーティングとは?

今やすっかり生活に定着したスマートフォン等の電子デバイス。これらに触らない日は無いでしょう。でもその大切なスマホには危険がいっぱい。かばんの中で傷が付いたり、落として画面が割れたりしたらショックですよね。そんな大切なスマホを守るために今すぐできることが、「nanonineの保護コーティング」。施工はスマホ持ち込みで、わずか10分。さあ、あなたのスマホに安心を。

スマホの画面を守るためには、主に保護フィルムや保護ガラスを貼る、コーティングするの2つの方法があります。まずはこの2つを比較してみます。

保護フィルム・保護ガラスの場合

簡単に施工できることが魅力の保護フィルムや保護ガラスですが、硬いガラス状シートを粘着剤で貼り付けるだけなので、表面の硬さはあっても衝撃には弱く、すぐ割れてしまいます。また、ガラス自体は劣化しにくくても、粘着剤のせいで操作性や視認性が落ち、さらに紫外線や加水分解といった負荷で劣化していくので、使っていると画面が白っぽくなったり、剥がれてきたりしてしまいます。

メリット デメリット
・自分で貼ることができる
・入手のしやすさ
・操作性が落ちる
・貼る際に空気が入る
・衝撃に弱く、割れやすい
・剥がれやすい
・経時劣化しやすい

ご存知のとおり、とても劣化しやすいので、貼替えのことまで考えるとコストパフォーマンスも良くないでしょう。

コーティングの場合

コーティングはフィルムと違い、化学反応を用いて特殊な層を直接塗り重ねますので、フィルムでは実現できない多くのメリットが得られます。一方、化学反応をコントロールして性能の良い保護層を作ることは簡単ではなく、優れた製品の品質と経験のあるプロの施工技術の両方が非常に重要になります。nanonineでは、お手頃な価格で施工でき、都内を中心に取り扱い店舗も非常に多いです。また、施工時間はたったの10分〜15分ほど!コーティングの敷居の高さを覆す手軽さを実現しました。

メリット デメリット
・操作性、視認性を損なわない
・剥がれの心配がない
・効果が2~3年持続
・優れた製品を探すのが大変
・ムラなく塗装するのが困難

特殊な保護層を直接コーティングするので、プロに施工してもらうことをオススメします。

ガラス系スマホコーティングのメカニズム

スマホコーティングとは、化学反応を用いて特殊な層を直接塗り重ねる、と言いましたが、具体的にはどのようなものなのでしょうか。簡単に言うと、「nanonineのコーティングは特殊なガラス質の層」です。

この基本骨格は、ケイ素(Si)と酸素(O)という元素が結びついたシロキサン結合(図. 1)というものが沢山集まったものです。一方、身の回りの多くのものは炭素(C)や酸素(O)を主成分としており、これらや窒素(N)、水素(H)などから構成されるものを広く有機物と呼びます。例えば、プラスチック、糖やたんぱく質、繊維、木材などです。

このシロキサン結合の特徴は、有機物に多くみられるC-C結合やC-O結合と比べて、結合エネルギーが非常に大きい点です。分かりやすく言うなら、Si君とO君でガッチリ手を繋いで、これを繰り返すことで巨大な組体操を行います。この2人の手を繋ぐ力は、C君同士やC君とO君が手を繋ぐ力よりずっと強いため、このシロキサン骨格という組体操は全体でも非常に強固なものになります。これにより、熱や紫外線、化学的などの負荷に対して非常に安定であり、機械的強度に優れる(=硬い)特性を持ちます。
裏を返せば、安価な有機フィルムやコーティングでは保護性能や強度が出せないという事でもあります。

また、ケイ素(Si)はガラスを始め、砂や石の主成分であり、身の回りに多く存在する非常に安定で安全な元素です。まさに安心安全で機能的な素材と言えるでしょう。

スマホコーティング剤の成分

さて、シロキサン結合が非常に優れた機能性を発揮することを説明してきましたが、一つの疑問が浮かばないでしょうか。それは、「ガラス質で硬いなら割れやすいのでは?」その通りです。これがナノナインコーティングと保護フィルムや他のコーティングとの最大の違いです。 これを説明するために、ケイ酸ナトリウムとシリコーン樹脂という、シロキサン結合を持つ2つの素材について触れていきます。
ケイ酸ナトリウム(Na2SiO3)

ケイ酸ナトリウム(Na2SiO3)は、ケイ素(Si)と酸素(O)、ナトリウム(Na)から成る物質です。ナトリウムは、しょっぱいお塩の主成分です。
このケイ酸ナトリウムを水(H2O)に溶かした液体は、空気中の二酸化炭素(CO2)と反応してケイ酸(H2SiO3)を生成します。この複数のケイ酸のSiとOが反応していくことで、先ほど説明したシロキサン骨格を形成していきます。以下が反応式です。

この反応により、硬くて安定なガラス質の層を作ります。
その硬度はカッターナイフでも傷をつけることが出来ない程です。nanonineは硬さを評価する試験においてもガラスで実現できる最高硬度である9Hを実現しました。(JIS. K. 5600-5-3準拠)

シリコーン樹脂

さて、シロキサン骨格のガラス質だけでは硬くても割れやすい物質になってしまう事は説明しましたが、nanonineではさらに、特殊なシリコーン樹脂というものをブレンドしています。
シリコーン樹脂とは、シロキサン骨格を主鎖として、側鎖に有機基を導入した特殊樹脂です。これにより、シロキサン結合の安定性や強固さを基本としながら、有機基で柔軟さや耐衝撃性を付与しています。

分かりやすく歯ブラシで説明しましょう。 歯ブラシは硬い樹脂を主パーツ(=主鎖)として、そこに繊維のブラシというサブパーツ(=側鎖)がついています。この主パーツで丁度良い硬さを実現し、サブパーツでこすり洗いという機能性を付与しています。主パーツの樹脂軸だけでは当然歯は磨けませんし、ブラシだけでは柔らかすぎて使えません。 また、歯ブラシと櫛が同じような構造でも代わりにならない様に、この主鎖と側鎖にも丁度良い性質や大きさのバランスがあります。 nanonineのコーティング剤はスマホ等の保護に使うためにシリコーン樹脂の構造や配合量を最適化しているため、他製品には無い、硬さと耐衝撃性を兼ね備えた機能性を実現しています。

本当に良いコーティングの選び方:機能性と操作性で選ぶ

スマホの保護にはフィルムではなくコーティングが適している事、また他製品には無いnanonineの硬さや耐衝撃性といった優れた性能を紹介してきました。
しかし、保護コーティングは実際にスマホを操作している時の感触も重要です。いくら機能性に優れていても、操作の快適性を損ねては意味がありません。

nanonineのコーティングは、化学的・機械的な付着メカニズムによって、施工面に塗着します。

化学的付着とは、シロキサン骨格の末端(一番端っこ)に残る-OH(水酸基)が施工表面と分子間力という力で引き付けあって強く付着することです。
機械的付着とは、施工面の微細な凹凸にnanonineの製品液が浸透してから硬化することで、しっかりと素地に噛み込む強固な付着です。

これらを実現するために、独自のnano分散技術と最適化された製品粘度により、施工面によく浸透し、かつ平滑に施工できる技術を開発しました。これにより、フィルムと異なり剥離することの無い安定な被膜を、極めて平滑な面で実現出来る様になりました。
さらに、余計な添加剤や成分は含んでいないため、操作性や視認性を損ねずに、耐衝撃性と耐キズ性を両立させることに成功しました。
もちろん、フィルムではなく塗装なので、曲面のあるスマホでも、タブレットでも、眼鏡でも、大切なガラス製品を保護します。他製品では手間を掛けず1回で塗ってしまうものもありますが、nanonineは2回塗りをすることで、より均一に反応した層を平滑に施工致します。

本当に良いコーティングの選び方:製品の実力で選ぶ

「施工が簡単です」「9Hの硬度が出せます」「割れなくなります」
このような言葉だけでは、本当に品質が良いのかも分かりません。視認性が落ちたり、9Hの硬さになっても割れやすければ意味がありません。

試験項目 コーティングあり コーティングなし
鉛筆硬度
6Hで凝集破壊を認めない。
6Hで凝集破壊を認めない。
耐洗浄性
スチールウール
荷重:1kg
往復回数:300回
すり傷を認めない。
スチールウール
荷重:1kg
往復回数:300回
すり傷を認めない。
紫外線透過率
71.2%
71.3%
可視光線透過率
89.6%
89.4%
日射透過率
85.7%
85.6%
滑り抵抗係数
0.75(C.S.R)
0.78(C.S.R)

* 鉛筆硬度:JIS K 5600-5-3 耐洗浄性:JIS K 5600-5-11 透過率 :

機能性を備えたコーティングでありながら、コーティングなしのガラス面と比較しても、機械的強度も光透過性も全く落ちていないことが分かります。

また、落球試験(JIS K5600-5-3(耐おもり落下性), ISO6272)において、最大で
平面:322mm→388mm 20.5%アップ
端面:266mm→624mm 134.6%アップ
これは300gの重りを落として、塗装に割れや剥がれが見られない高さを評価する試験です。
コーティングにより物を落とした際に割れにくくなっているのが分かります。

さらに、4点曲げ試験(JIS )において、
250N→293N 17.2%アップ
これは、素材に力を加えていき、曲げにくさを評価する試験です。
コーティングにより曲げに対して強くなっており、ポケットに入れたスマホに力が掛かっても壊れにくくなるのが分かります。

この様に、nanonineはコーティングにより優れた機能性と快適性を両立して得ることが出来ます。
他のフィルムやコーティングでは得られないこの性能、ぜひ動画で確認してみて下さい。

あなたの大切なスマホをより強く、より美しく。
ずっと快適に。
ナノナインがあなたのスマホを守ります。
従来のコーティング剤とは比べ物にならない
抜群の強度と快適さを両立

そんなスマホ画面への不満を無くすため、独自の新技術で開発された新しいコーティングサービスがナノナイン.comです。スマホを割れにくく、そしてキズつきにくくなるよう保護。 またタッチの感度が上がり、操作性が良くなったり、 光の透過性が上がるため発色も良くなります。さらに指紋等の油脂や汚れが付きにくくなり抗菌効果も。

logo_1

ナノナイン.comの9つの特徴

ガラス表面は硬いだけでは砕けやすくなってしまいます。オリジナルの衝撃吸収成分によって、驚きの耐衝撃性を実現。硬度をただ上げるだけではなく弾性を加え従来のガラスコーティングよりも格段に割れにくくなりました。

肉眼では確認できない超微粒子が小さな凹凸に入り込み、ナノレベルでコーティングします。JIS規格の鉛筆硬度の17段階で最高値となる9H(旧JIS規格)以上の硬度を実現。キズ、クラックが大幅に軽減します。(※現在のJIS規格では6Hが最高硬度。)

ディスプレイ画面の微細な凹凸がなくなることで光の透過性が向上します。画面表示が明るくなり、映像や画像がよりクリアになります。画面照度を抑えることが出来るので充電の節約にもなります。

ディスプレイのタッチの感度が良くなります。保護フィルムとは比べられないほど非常に膜厚が薄いため(0.2~0.8㎛)、操作性がUPします。もちろん指紋認証などセンサーに全く影響はありません。

防汚ポリマーが、超強力な防汚皮膜を形成して長期間優れた防汚・抗菌効果を発揮します。 施工直後から指紋等の油脂や汚れが付着してもサッとひと拭きで。美しさを長く保つことができます。

施工後、24時間ほどで完全硬化。従来のコーティングでは完全硬化まで2週間~1か月は必要でした。nanonineなら完全硬化するまでたったの1日「完全硬化する前に落として割ってしまった」そんな不安も解消です。

バインダー(接着剤)を使用していないので非常に劣化しにくいのが特徴です。さらにメンテナンスは一切不要です。1度施工していただくだけで、2~3年以上は快適にご使用いただけます。

スマホ片面の施工がおよそ10分~15分で完了します。ムラになりやすかった従来のガラスコーティングですが、nanonineではムラの心配もなく乾燥もごく短時間で済みます。

スマホだけでなく、あらゆるスマートデバイスへのコーティングが可能です。ガラス・金属・合成樹脂などの素材に適合。

コーティングの抗菌効果について

ATPふき取り検査(A3法)による測定結果

測定方法は1ヶ月間ほど使用したスマートフォンの両面をコーティング施工後、メインのスマートフォンとして普段の生活で使用し、定期的に測定する方法を採用しています。測定値はスマートフォンの画面部分(ガラス表面)を測定したRLUの値となります。

施工前

7,637 RLU

施工直後

4 RLU

7日後

7 RLU

1ヶ月後

12 RLU

3ヶ月後

24 RLU

6ヶ月後

33 RLU

ATPふき取り検査は、菌の数だけでなく菌の餌となる皮脂などの汚れも測定結果に表れます。今回の測定結果ではRLUの値が少ない=菌の増殖を抑えていることが確認出来ます。全ての細菌に効果があるわけではありませんが、人体に影響を及ぼす可能性のある代表的な菌で性能を確認しており、他の菌に対しても効果が期待できます。衛生的なスマホライフを維持するための、一つの方法としてお考え下さい。

* 基準値(推奨値):水道水 0~30RLU / 手指 1500RLU以下 / 冷蔵庫の取手 2000RLU以下
* すべてのウイルス・菌を取り除くわけではありません。使用状況により菌の増殖抑制の効果は異なります。
* ATPふき取り検査法は、食品衛生検査指針に収載されています。
* 測定に使用した試薬はAOAC-RIのPTM認証を取得しています。(ライセンスNo.051901)

PR MOVIE

プロモーション動画

FAQ

お客様に良くいただく質問

違います。自動車用や建材用のガラスコーティング剤をそのまま流用したコーティング剤やサービスも多いですが、nanonineはスマホなどのデバイス向けに改良を重ねて完成した、スマホ画面をより強く美しくする事に特化した当社オリジナルのコーティング剤となっております。実際にコーティングしたお客様にも、確かな違いを実感していただいております。

基本的にはできますが、コーティング剤によっては相性が悪いものもありますので、施工前にスタッフにご相談ください。

はい。どんな機種でもコーティング可能です。また、スマートフォン以外のタブレットやスマートウォッチ、PCなどのあらゆるデバイスから、時計や眼鏡などへもコーティングすることが可能です。お気軽にスタッフにお問い合わせ下さい。

スマートフォンの片面(画面のみ)でおよそ10分程度です。両面の場合でおよそ20分程度で完了いたします。施工後は、すぐに普段通りご使用になれます。

はい。コーティングした直後から普段通りご使用いただけます。
ただし、完全硬化まで24時間ほどかかりますので、それまでは強い衝撃を与えたり、強く擦ったり、洗剤等で洗ったりする事は控えてください。

当コーティングの厚さは0.2~0.8㎛と非常に薄い為、厚さはまったく感じません。その為、コーティング施工後にケース(カバー)を装着したり、上から保護フィルムを貼る事も可能です。

いいえ。当コーティングの膜厚は0.2~0.8㎛と非常に薄い為、 施工前にすでに傷があった場合には、微細な傷が目立たなくなる事はありますが、傷が消えることはありません。

使用状況により異なりますが、メンテナンスなど一切しなくても効果は2~3年程度は持続します。

度数などには全く変化はありません。眼鏡へのコーティングは「視界がクリアになった」「指紋がつきにくくなった」「曇りにくくなった」と大変好評です。

はい、大丈夫です。水で塗れてコーティングが剥がれる、溶けるといった事は一切ありません。ただし、当コーティングを施工する事で防水機能が備わるわけではありませんので、お気をつけください。

基本的には、コーティングは剝がす事はできません。
また、使用中に剥がれる事もありません。保護フィルムと違い、端が浮いてきたり、気泡が入って汚くなったりという事は一切ありません。

全く問題ありません。コーティングする事で、修理時に不具合が起きる(例えばパネルが外せなくなる等)は一切ございません。

いいえ。当コーティングを施工する事で、落下時の破損・飛散防止にはなりますが、絶対に割れないという事でありません。落ちた時の角度(斜めの角度など)や当たり所によっては割れてしまいます。

いいえ。当コーティングを施工する事で、強度は上がりますが、絶対にキズがつかなくなるという事でありません。また、鋭利なものや鍵などの硬いものと激しく接触し続けた場合は、キズになる場合があります。

PRICE LIST

コーティング施工 価格表
スマートフォン iPhone / SmartPhone device, etc. ¥2,980 ¥4,980
タブレット iPad / table device, etc. ¥3,980〜 ¥6,980〜
パソコン surface / Laptop, etc. ¥6,980 ¥9,980
メガネ eyeglasses / sunglasses ¥2,480 ¥3,980
ウォッチ AppleWatch/ SmartWatch, etc. ¥2,480 ¥4,480
ゲームデバイス Nintendo switch / Psvita, etc. ¥3,980 ¥5,980

PRイベント・一部取扱い店舗では価格が異なります。(税込価格)

メリット デメリット
・自分で貼ることができる
・操作性が落ちる
・貼る際に空気が入る
・衝撃に弱く、割れる
・経時劣化で剥がれる
・経時劣化で白化を起こす